イベント旅行

ラスベガスは行ってみる価値がある?

旅行に行く前にこんな風に思ったことはありませんか?自分が選んだ場所が、期待通りの場所であって欲しいと。誰もが新しい体験を求めて旅行をする、そうですよね?それなら、ラスベガス付近で訪問できる場所をチェックすれば大丈夫です。そこは不思議に満ち溢れた場所です。お金と時間を費やすだけの価値があるのか心配する必要はありません。世界中の人が一度は訪れてみたいと願う場所がラスベガスです。どんなスポットを訪れようとも、様々な体験ができて心から楽しめるはず。だからこそ、絶対にこの場所を訪れる必要があるのです。 去年からコロナ禍のためラスベガスを訪れるのが難しいという状況に直面しています。 少しでもラスベガスに行った気分を味わいたい方には、オンラインカジノがおすすめです。intercasinoならブラックジャックなどの定番カジノゲームがオンラインで楽しめます。 ラスベガスはどれぐらい楽しめる? 世界中から訪れる観光客はラスベガスを選びますが、アメリカが素晴らしい国であることは知っての通りです。観光客はラスベガスを目指すのは、そこが美しく、一瞬一瞬を楽しむことができるからです。ラスベガスでは見るものすべてが驚きの連続です。 現実にこのような場所が存在するとは思ってもいなかった光景を目にすることでしょう。ラスベガスは観光客、そして旅行好きな人にとってぴったりの場所です。冒険をしてみることはまた別の話になりますが、人生で今までにない体験となるでしょう。ラスベガスを訪れれば、これまでの長い人生に何が欠けていたのか理解できるでしょう。 子どもでも楽しめる? 答えはもちろんYESです。ラスベガスは子連れにも適した場所であり、子ども向けの場所がいくつもあります。子どもでも間違いなく楽しめるこの場所には、年齢や性別を問わず楽しめるスポットがたくさんあります。また、新しい場所を訪れるなら現地のグルメを楽しむことも同じように大切です。ラスベガスでは世界でも最高レベルの食がお手頃価格で楽しむことができます。また、宿泊施設も安いです。 大人が行く場合、満足度は? 華やかで光に満ち溢れるこの都市では、言うまでもなく大人も楽しむことができます。真夜中でも一歩外に足を踏み出すと、非常に多くのショップやモールが営業していることに気が付くでしょう。眠らずに楽しめるのがラスベガスなのです。ラスベガスで最高のホリデーを楽しみましょう。きっと、お金をかけて来てよかったと感じますよ。
カジノのホテル

ラスベガスを発見して、心豊かにリラックス

ラスベガスほど楽しめる目的地が他にあるでしょうか?ラスベガスまでの旅費はそれほどかかりません。1泊800ドルもするようなニューヨークやサンフランシスコのモダンな5つ星ホテルは、ラスベガスなら1泊100ドルです。食事のレベルも素晴らしく、アクセスも容易です。ブロードウェイの店でも、ロサンゼルスの店でも支払えるほどの素晴らしい外観を持つ店の選択肢が豊富にあります。また、信じられないほど様々な施設があり、費用も同程度しかかからないため、圧倒されることもありません。 ブランドショッピングがおすすめ カジノのショップには近づかないでください。もう一度言いますよ、カジノショップには近づかないように!こういったショップはポーカーなどでカジノによって被った不運を取り戻すために存在するため、良いオファーにはありつけないでしょう。ですが、カジノの外に出てアウトレットモールを探索してみましょう。アウトレットショッピングモールにはデザイナーブランドショップが数多くあり、大幅なディスカウントをしています。また、ラスベガスは質屋がたくさんあることでも有名です。 ラスベガス周辺でも楽しめる 多くのメディアは食や熱狂できる体験にスポットを当てますが、ラスベガスは素晴らしいアウトドア体験を求める人が目指す目的地でもあります。ルディシェイクキャニオンはラスベガスからおよそ20分、そしてミード湖は約1時間の距離に位置しています。もう少し離れてカリフォルニアまで行くと「パッシングバレー」や、ユタ州のザイオン国立公園があります。キャニオンテリフィクまでは約5時間の距離で、素敵な日帰りのドライブに十分です。アウトドアも楽しめることを考えるとラスベガスを選べば間違いないでしょう。 シマーバレーやフリーモントロードなど、近隣にある一風変わったスポット ラスベガスを訪れる賢いプレイヤーは「Sparkle Gulch(スパークルガルチ)」として知られるフリーモントロードカジノでギャンブルを楽しみます。これらのカジノは街でも最も長い歴史があるカジノであり、人通りの多いストリップから離れているため、地元住民の要求にも応えています。少し違う行動をとること、旅が少し楽しくなるでしょう。 興奮を味わえる街、ラスベガス この街では、いつもの週末とは違う小さな何かを探して訪れる人向けに「体験型観光」のアトラクションがブームになっています。「デールジャレット・ダッシングエクスペリエンス」でNASCARのドライビング体験をしたり「ジークフリート&ロイのシークレットガーデン・アンド・ドルフィンハビタット」でイルカと一緒に泳いではいかがでしょう。または「マシンガンズ・ベガス」では様々なマシンガン体験も可能です。これらの体験は一部にすぎません。ラスベガスでは眠気を吹き飛ばすような数々の刺激的なアトラクションを楽しめます。 旅全体にレベルイン 毎年、ラスベガスでは多くの産業や貿易イベントが伝統的に行われ、リタイヤメント、その他ビジネス関連の機会も設けられています。世界でも最も多くのビジネスイベントが行われる中心地の1つであり、地域全体が石油取引に適しています。 移動や宿泊、食べ物、エンターテイメントですら、組み合わせて手配することは簡単です。さらにテーブルで勝てばリターンも得られます。
イベント旅行

ラスベガスは行ってみる価値がある?

ネバダ州の砂漠地帯に位置するのがラスベガスです。ネオンが瞬く煌びやかなこの街はホテルやカジノ、ナイトクラブ、レストランで賑わっています。高級リゾートがあり、美しい街の景観があり、パーティー三昧の派手な街、ラスベガス。こんな街が他にあるでしょうか? しかし、ストリップ以外にもラスベガスには見どころがあります。わが愛しのベガス!レストランやコンサート、フェスティバル、そして近隣で楽しめるハイキングなどその組み合わせは驚くほどです。また、シティセンターやその歴史は常に発展し続けています。 また、ラスベガスでは無料サービスを手に入れることは簡単です。この場所に集まる豊かさを考えてみてください。簡単に手に入れられるものは、無料のスナックから食べ物、ショーのチケット、さらに割引された住宅まで!このベガスガイドでは、ラスベガスでのヒントを提供し、ストリップ以外の見どころについてご紹介します。この街にはあなたが知らない魅力がまだまだあるのです! グランドキャニオン観光 85ドルほどの料金を払って、たくさんあるグランドキャニオン行きのバスの1つに乗れば、フーバーダム観光と組み合わせてグランドキャニオン観光も楽しむことができます。キャニオンへは距離があるため、ツアーには丸1日かけるようにしてみてください。250マイル以上の距離があるため、グランドキャニオンとフーバーダムを訪れるには所要時間が14時間は必要となることが予想されます。グランドキャニオンは訪れるに値します。もし近くにいるのなら、慌ただしい訪問であっても行くべきでしょう。 サメとサンゴ礁の世界を満喫 「ザトウクジラ・リーフ・サンクチュアリ」は最大規模であり最も人気のある海洋センターの1つです。沈没した古い難破船のように見えるシャークリーフケーブでは、様々な種類のサメのほか、スナップフィッシュ、巨大なエイ、絶滅危惧種のアオウミガメ、珍しい金色のワニなどに出会うことができます。チケットは25ドルでマンダレイ・ベイ・ホテルで購入可能です(営業時間:毎日朝10時~夜10まで) ストラスフィアからベガスを眺める ストラトスフィアは独立した展望塔としては全米一の高さを誇り、そこからはラスベガスの絶景を眺めることができます。勇気を試したいなら展望台の上から絶叫マシンを試してはいかがでしょう?絶妙なネーミングが特徴のXスクリームは、地上260m(850フィート)の高さで、タワーの端に向かって頭から8m(27フィート)突っ込むという体験ができます。タワーの入場料と1回の乗車料金は最低29ドルからです。 ストーンハイク ラスベガスの眩い光に飽き飽きしてきたら、レッドロックキャニオンに日帰りでハイキングに出かけてはいかがでしょう。峡谷を抜けるルートがあり、次のトレイルウェイへと続くトレイルは、車を駐車して散策できる駐車場になっています。全長 2,5 マイル (4 km)のキャリコ・タンク・トレイルは、この地域で最も一般的なトレイルです。山頂に向かう途中には天然の貯水池があり、そこからはラスベガスの素晴らしい景色を一望できます。 モブ・ミュージアム マフィアはラスベガスで始まり、バグジー・シーゲルがフラミンゴホテルを作り上げ、それ以来マフィアがラスベガスを牛耳ってきました。ラスベガスが一大リゾートへと変貌する中、彼らの影響力は小さくなってきたものの、依然としてマフィアとラスベガスには繋がりがあります。営業時間:毎日午前9時~午後9時まで(オンラインでチケットを購入した場合、チケット代金は27ドル)
旅行のヒント

ラスベガス旅行プロセスの認証とそのプロセス

ラスベガスのリゾートカジノは、コンフォートや低料金の部屋を設定せず、段階的に営業を再開しています。カジノフロアやロッジの収容人数を50%に制限することや、厳格な衛生管理を行っています。ラスベガスにある宿泊施設の総客室数15万室のうち、半分のスペースが抑制されていることを除いて、現在13万室ほどが利用可能な状態になっています。一部の宿泊施設は最近になって再開しており、老舗のトロピカーナホテルも、マスクで顔を覆った有名なショーガールたちと一緒に9月17日からゲストを迎え入れています。 ラスベガスの食のホットスポットであるベラージオの「メイフェア・サパー・クラブ」やアリア・リゾート&カジノの「キャッチ」も再開しています。すべては半分のスピードで機能し、多くの店では非接触の電子メニューも用意されています。テーブル配置はソーシャルディスタンスを可能にするため分散されており、客はテーブル間を行き来する際はマスクの着用を求められています。休業したレストランの中にはそのまま閉店する店もありますが、新型コロナウイルスのパンデミックの中にあっても新規オープンする店も存在します。今年の夏にはウィン・ラスベガスの中にあるメキシコ料理店の「エリオ」がオープン。また、上海の人気店「ディン・タイ・フォン」もアリアにオープンしています。 ラスベガス旅行: ラスベガスにあるカジノは人の数を制限し、ソーシャルディスタンスを実践するためにプレイフロアの対策を強化しています。多くの場合、プレイヤーの間にはアクリル板が設置されています。1度に3台のテーブルが稼働し、ゲストがその後ろから見物することは許可されていません。また、ピット全体とテーブルは定期的に消毒されています。慎重になるには次のような理由があります。ウィン・ラスベガスは6月に営業を再開して以来、548人の従業員が新型コロナウイルスで陽性になったことを明らかにしました。これは、同施設の包括的なチェックおよびその後の相互作用プログラムの一環として得られた詳細と一致しています。 またラスベガスではビュッフェも人気です。ウィン・ラスベガスのビュッフェはスタッフの接客を全面的に改善して再開されましたが、要求があったため9月7日に閉鎖されています。最近ではシーザーズパレスのバッカナル・バッフェは再開を延期しました。ネバダ州でのコロナウイルスの症例が低下し始めている今、ラスベガスのレストラン、バー、ワイナリー、醸造所には再び観光客が戻り始めることでしょう。これらの施設は7月には閉鎖し、コロナウイルスの懸念を経てから9月20には営業を再開。ナイトクラブやプールパーティーには依然として明確な制限があるのに対し、他ではソーシャルディスタンスを取りながら、よりエネルギーを必要としないパーティーやラウンジを意識した上で営業を再開しています。例を挙げると、熱気あふれるパーティーから、ひっそりとしたプールパーティーなどに移行し、中にはDJがいない場合もあるのでゲストは皆アルコールを飲む行為がメインとなっています。 旅を充実させる ラスベガスを初めて訪れると、ストリップにあるホテルや商業施設は密集しているように見えますが、それぞれの区画が非常に広いことに気が付きます。徒歩で散策した場合、かなりの距離を歩くことに驚かされます。ラスベガスではどこでも楽ちんだと期待してはいけません。MGMホテルの素晴らしい食事を楽しんで、その後すぐにトレジャーアイランドホテルで夜を楽しむことはできません。どこでもスピーディーに移動したいのなら、車に乗せてもらうか自分で運転するのがいいでしょう。また、ほとんどの場所には便利な歩道橋がありますので利用しましょう。
旅行ガイド

ラスベガス観光と詳細

活気のあるラスベガスは行きやすく、お手頃に旅を楽しみたい旅行者には人気がある目的地です。しかし、ラスベガスは1つの真実を考慮に入れる必要があります。ストリップ(ラスベガス・ブールバード)にあるカジノやホテルアトラクションの先にはフルサイズの街があり、巨大で美しい発見が待っています。次のラスベガスへの旅行に向けて最高のワークアウトをご紹介します。ラスベガスの西岸からは、ルディシェイクキャニオンの風化した砂岩が突如現れます。19万5000エーカーに渡る保護区域は、ストリップから20マイル以内にあるモハーベ・フォーサークへ便利なアクセスを提供しています。停車場を経由して、絵のように美しい13マイルの黄土色の崖の周囲にサボテンが生えるうらびれた風景の中をドライブしましょう。クライミングルートは、渓谷やキャリコ・スロープの風によって滑らかに磨かれた岩々がある奥深い場所まで続いています。 エドワードレイク フーバーダムによってワシントン州の水事情が救われると、モハベ離地の真ん中にある巨大な湖の透明度が失われました。ミード湖は乾燥した南西部の大部分の地域に水を提供する分水嶺を提供しています。ミード湖ゲストセンターでは、釣りやセーリング、その他ウォータースポーツに関する情報を確認できます。 ラスベガスの年代物&ビンテージ ラスベガスはストリップ前の数マイル北で人気になりました。すべてが自由奔放です。フレモントロードは、その素晴らしいカジノとネオンサインから1940~50年代にかけて「グリッター・ガルチ(輝く峡谷)」という愛称で呼ばれていました。フレモントストリートには、全長40フィート(12m)の「ベガス・ヴィック」と呼ばれるカウボーイをはじめ、その他にも年代物の看板が今も輝いています。隣接するネオンヒストリーセンターでは、幾つものラスベガスのランドマークが今も安全に展示されています。ラスベガスの歴史を物語るリアルでユニークな展示を見るには、同じコミュニティの中にある素晴らしいスォーム歴史センターを訪れてみましょう。 バレー・オブ・ファイヤー ラスベガスから北に1時間走ると、バレー・オブ・ファイヤー州立公園の美しく赤みがかった砂岩が生き生きとした光の中で灰のように輝いています。まずペトログライフ・キャニオンに登ってみましょう。ムースタンクへと続く小道から始まり、3000年以上前に描かれた羽のある生き物やアート、工芸品を見ることができます。世界最大の砂場で掘削体験をしてみてはいかがでしょう。ここではリアルな説明を受けた後に、ブルドーザーを操縦し、穴を掘ったり巨大な土の山を建設したりする体験ができます。また、2000ポンドのタイヤを積み上げることも。最低年齢は14歳からで、身長は122cm以上の必要があります。 プラチナメンバーシップ プログラム年度中、プラチナ会員の方は20万レベルクレジットを貯める必要があります。また、プログラム年ごとのゴールドスタンダードのすべての特典に加えて、バハマのイラストゥリアスカリビアンとセレブリティエリア、またはカリブ海のオーシャンビューの客室で無料クルーズを楽しむことができます。ベッティング体験にもよりますが、ライドは3~5泊をご用意しています。さらにプラチナ会員は両方のクルーズで200ドルの割引を受けられます。また、プラチナ会員がゲームやエクスプレス・コンプレスを始めると30%のプレミアムがつき、参加店舗では15%のディスカウントが受けられます。プラチナ会員は、ビーチ、カバナ、スパ、バレー、タクシーをご利用になる際はご予約が必要です。